ドライオーガズムのデメリット

本当にイイことばかりのドライオーガズムですが、デメリットというか、悪い側面というか、僕が考えつく限りを一応、書いておきますね。

 

@長期間の修行が必要です

 

まず、お尻の穴の中を開発することに抵抗がある人も多いでしょう。僕もそうでしたから、すご〜くわかります。
あんな汚いところに、指を入れたり、エネマグラを入れたり、正気の沙汰じゃない!…まぁ、そうですよね。

 

男は、挿れる側で、女は受け入れる方。
その男が、異物を入れるのって、かなり抵抗感があって当たり前。

 

なんかカッコ悪いしね。でも、そういった抵抗感を乗り越えて、指を入れたり、エネマグラを入れてみる。

 

すぐに、快感を得られればいいのですが、残念ながら、最初は全く気持ちよくないです(涙)

 

前立腺は、最初は超鈍感で、な〜んにも感じない人の方がほとんどですね。

 

それでもめげずに、呼吸法をしながら、PC筋を締めて緩めてを繰り返し、開発していくわけですが、
個人差はありますが、感じてくるまでにかなりの時間がかかります。

 

僕は2カ月くらいで、感じてきましたが、正しいやり方をしていなかったりすると、1年経っても、全くダメなんてこともあるみたいです。
そして、ドライオーガズムまで到達するのにも時間がかかるので、道半ばで挫折してしまう人が多いのです。

 

ドライは、根気強く続けていて、ある日突然!といった感じで到達する人が多いので、開発に時間がかかるのがデメリットですね。

 

A準備に時間がかかります

 

前立腺を開発するためには、お尻の穴の中から開発しますので、浣腸で腸内洗浄が必要になります。
腸内洗浄しないと汚いですし、エネマグラの動きも悪くなるので、する必要があります。

 

そのあと、ローションとかワセリンとかを指で入れるなり、エネマグラに塗って肛門に入れることになります。

 

誰かに見られるわけにはいかないので、自宅に一人のときを狙ってするとか、ラブホに行ってやったりします。

 

ちょっと準備に時間がかかるのがネックですが、独り暮らしでしたら、あまり関係なんですね。

 

Bある程度のお金が必要です

 

エネマグラ(アネロス)は絶対に必要です。

 

綿棒でもいいですが、やっぱりエネマグラ(アネロス)は買った方がいいです。

 

あと、ローションかワセリン。それと医療用手袋。ゴム手袋でもいいですけどね。

 

ドライオーガズムの動画もできれば購入したほうがいいし、ドライ達成を早めるためにも、一度は前立腺マッサージ・ドライ専門の風俗もいくべきです。

 

といっても、全部合わせても、5万円以下で収まると思います。
それで、至上の快楽を得られると思えば安いもんですね。

 

C女っぽくなるかもしれません

 

ともかくドライは射精とは全く違います。攻撃的な快楽ではなく、受け身の快楽なんです。

 

ドライオーガズムに近づけば近づくほど、自分の中の女が現れてきます。
人によっては、女装をして、開発している人もいますからね。

 

あと、よくわかりませんが、どうやら女性ホルモンも出ているようで、お肌が綺麗になってきたり、少し胸が膨らんでくることもあるようです。

 

もちろん完全に女性化することはないので安心してください。むしろ僕の場合、心が穏やかになったり、女性に優しくなってきたので、メリットの方が上回っています。

 

D椅子に座っているだけで気持ちよくなってしまうことも

 

これはよくも悪くも…ですね。

 

椅子に座っていると、会陰部が刺激されて、前立腺の方まで感じてしまうことがあります。そうすると、ペニスは勃っていないけど、前立腺がジンジンしてきて気持ちよくなってしまう(/ω\)

 

僕の場合、PC筋を動かして、さらに快楽を貪ったりしてしまい、そのままイッてしまうことも…。

 

呼吸法を駆使すれば、前立腺がうずいても、そのエネルギーを発散できるので、どうってことないですが、ドライを達成してから、いやらしいカラダになってしまったかもしれません(/ω\)

 

 

デメリットを書いてみましたが、デメリットなんだかメリットなんだか、よくわからない感じになっちゃいましたね(´∀`*)

 

エネマグラはそもそも医療器具として開発されたものですし、特に副作用とかはないです。

 

あえて言えば、男なのにドスケベでいやらしいカラダになってしまったことかな〜。

 

 

それでは、実際にどうやって、ドライオーガズムを達成するのか?
準備編からご覧になってくださいね。

 

>> ドライオーガズム・前立腺マッサージの準備について