男性型・女性型ドライオーガズムの違いとは?

ドライオーガズムには女性型と男性型があります。

男性型・女性型ドライオーガズム

 

男性型は、一般的?な男の射精のような快感で、射精時と同じような快感があるのに、なぜか精子は出ません。

 

前立腺がビクンビクンと反応しているので、「やべっ…射精しちゃった」と、思っても、射精はしていない。

 

そのため、射精後の賢者タイムが訪れることはなく、やろうと思えば何度でも、オーガズムに達することができるのです。

 

ちなみに、ペニスを刺激していないのに、射精してしまうことがありますが、これはトコロテンといって、男性型オーガズムとは違います。

 

男性は通常、射精の快感しか知らないので、そのことを意識しすぎで、ペニスに集中してしまうと、トコロテンになりやすいようです。

 

男性型のドライオーガズムは、主に前立腺への刺激によって達することができます。

 

エネマグラだと、ヒリックシンが男性型のオーガズムになりやすいですね。

 

女性型ドライオーガズムとは?

 

女性型オーガズムは、まさに女性と同じような快感を得ることができます。

 

射精のように一気にビクンビクンと登り詰めるのではなく、ず〜っと気持ちいい感じで、イキっぱなしになることもあります。

 

快感度は、男性型より女性型の方が強いです。

 

といいますか、快感の方向性が違うので、比べづらいところはあるのですが、ひたすら「アンアン!」言ってる感じですね。

 

 

この女性型のオーガズムは、前立腺だけではなく、主に精嚢を刺激すること、イメージすることによって、達しやすくなります。

 

女性型ドライオーガズムのコツ

ドライオーガズムというと、前立腺ばかり考えてしまいがちですが、実は、前立腺より奥にある精嚢も立派な性感帯。

 

女性型のドライオーガズムに達したい場合は、この精嚢の開発が不可欠です。

 

とはいえ、エネマグラで前立腺を開発しているうちに、いつの間にか、この精嚢も開発されていることが多いです。

 

僕もそうでした。

 

意識していなかったけど、いつの間にか開発が進んでいました。

 

精嚢の位置は、個人差はありますが、おへその少し下あたりにあります。

 

SGXを引き込むと、ギリギリ届くかな?といった感じですね。

 

女性型ドライオーガズムのコツ

 

開発が進んでいると、エネマグラを入れるだけで、体がビクンビクン反応し、腹筋が震えたりするようになります。

 

そのままでも気持ちいいのですが、イケそうでイケない…という、あと一歩の状態になりがちです。

 

そんなとき、おへその下あたりをポンポンと指で刺激すると、スイッチが入り、女性型のドライオーガズムに達しやすくなります

 

「あと少しなんだけど…」という人はぜひ試してみてください(*^_^*)

 

男性型、女性型、どちらもよいですが、やはりドライオーガズムといえば、女性型です。

 

この女性型オーガズムは、レベルが違う快感なので、前立腺だけではなく、精嚢の開発も意識してみてくださいね。

 

女性型ドライオーガズム