初心者が高額エネマグラを買うべきではない驚愕の理由とは?

ドライオーガズムを達成するために、必要なアイテムとして、エネマグラという器具があります。

 

もともとは医療用に開発されたモノですが、現在は、前立腺開発が主な役割になっています。

 

このエネマグラですが、実は、いろいろな種類があるのです。

 

SGXクラシック、ヒリックスシン、ユーホー、テンポー、極太のプロガズム、電動エネマグラであるレボステルスなど、たくさんの種類があるので、これからドライにチャレンジしようと思っている初心者の方は、迷ってしまうのではないかと思います。

 

 

SGXクラシックはオーソドックスなタイプ。

 

ヒリックスシンは男性型のドライを誘発するタイプ。

 

ユーホーは女性型のドライを誘発するタイプですが上級者向け。

 

テンポーは金属製の変わった形のエネマグラですが、ドライ達成者に好まれているタイプ。

 

プロガズムはかなりデカいエネマグラで、初心者は肛門に入れることすらできないかもしれませんが、圧迫型のため、強制的にイカせられる感じのタイプ。

 

電動エネマグラは、かなり高額ですが、前立腺がそれなりに開発されている方は、試してもいいタイプと言えます。

 

 

で、結論からいいますと、
オーソドックスなタイプであるSGXクラシックで十分です。

 

はっきり言って、それ以外のタイプはすべて中級者から上級者向けだと思ってください。

 

 

最初のうちは、前立腺は全く感じません。

 

感度が高い人は別かもしれませんが、ほとんどの人が、「前立腺ってどこ?本当にあるのかよ」と、思ってしまうと思います。

 

 

それに、前立腺はチンコとは違うので、強い刺激や摩擦で開発するところでもないのです。

 

わずかな刺激を送りつつ、少しずつ少しずつ開発していきます。

 

そのため、「最初のうちは肛門に入れるのは綿棒でもいい」と、アドバイスする人もいるくらいです。

 

個人的には、綿棒もいいのですが、医療用のゴム手袋をして、たっぷりとローションを指に塗って、中指をアナルに入れて、ゆっくりと刺激していくのがオススメです。

 

 

指の長さにもよりますが、中指の第二関節あたりまで入れて、少し指を曲げてみると、ぽっこりと膨らんだ部分が見つかると思います。

 

そのあたりが前立腺だと思ってください。

 

そこをやさしくやさしく触っていくと、不思議な感覚を覚えるかもしれません。

 

最初のうちは、よくわからないかもしれませんが、定期的に刺激することによって、開発が進んでくると、あきらかに感じてきます。

 

そのくらいになってから、エネマグラを購入してもいいくらいです。

 

もちろん購入すべきなのは、SGXクラシックです。

 

 

間違っても、プロガズムとかはやめてください。下手すると痔になります(笑)

 

ドライを達成している僕もプロガズムは持っていますが、ぶっちゃけほとんど使ってません。

 

結局、SGXばかりいまだに使っています。ヒリックスシンとかも持っているんですけどね(^^ゞ

 

 

ともかく、初心者は高額なエネマグラを購入しないこと!

 

自分の指で前立腺の場所を覚え、少しずつ開発してからでいいのです。

 

処女の●ンコに、いきなりぶっとい電動バイブを突っ込んだら…
大変なことになりますよね(^^ゞ

 

つまりは、そういうことなのです。

 

SGXは、いずれ必要になるし、最初から使っても問題ないので、買ってもいいですが、それ以外のエネマグラはいりません。

 

このことは、前立腺マッサージ専門の風俗嬢も同じことを言ってましたからね。

 

 

むしろ一番大事なことは、本当にドライオーガズムは存在する!前立腺は存在し、だれでも感じるようになるし、イケるようになれるという確信を持つことなんです。

 

 

そのために、下手に高額なエネマグラを購入するくらいなら、僕は、ドライオーガズムのバイブル的な動画を視聴することを強くオススメします。

 

 

ドライ経験者ならだれでも知ってますし、そのほとんどの人が見ている動画です。

 

その動画について、詳しく解説したページを用意しましたので、ぜひご覧になってください。

 

⇒ ドライオーガズムを達成するために絶対に見ておきたい動画はこちら