賢者タイム(賢者モード)とは?賢者タイムはアナニーでなくなる?

男性の射精後、あれだけ激しく燃えたぎった性欲はどこへやら…。

 

ピュピュッと射精すれば、通称 賢者タイム(賢者モード)と呼ばれる、一気に冷めた状態に陥ります。

 

どうしてこのような賢者タイムになってしまうかというと、プロラクチンがドバッと分泌されるからです。

 

プロラクチンは、ホルモンの一種で、性欲を減退させる効果があります。

 

なんでそんなものが分泌されるのか?

 

いろいろと説はあるのですが、セックスしているときは、外敵から無防備な状態です。

 

セックス中に襲われたら、結構ヤバいですよね(^^ゞ
そのため、射精したら、すぐに身を守るために、男性は賢者タイムに突入するそうです。

 

あとは、連続で射精したくても精子が足りないのですし、女性がスムーズに受胎できるように、男は冷静になり、何度も続けてセックスできないようになっているみたいです。

 

昔はともかく、セックス中に外敵から襲われることなんて、まずありえない平和な世の中になったわけですから、賢者タイムなんて、現代人には必要ないかもしれません。

 

セックスはともかく、せめて、オナニーに関しては、何度もでも、続けてやりたい!って思ったことがある男性は多いはずです。

 

そこで、オススメしたいのは、アナニー(前立腺マッサージ)です。

 

アナニー(前立腺マッサージ)で射精ではなく、ドライオーガズムに達する場合、なんと、賢者タイムに突入しないのです!

 

詳しいことはわかりませんが、プロラクチンの分泌がほとんどされないんじゃないか?と思います。

 

また、前立腺マッサージで前立腺が開発されると、射精してしまっても、また前立腺が疼きだし、すぐにエロい気分になって、何度でもオナニーができたりもします。

 

これは、ドライオーガズムを達成するための開発過程での副産物みたいなものですが、何か性を超越した気分になりますね(^_-)-☆

 

賢者タイムは避けれないモノだと思っていたかもしれませんが、ドライオーガズムでは賢者タイムは発生しません。

 

しかも、通常の射精オナニーより圧倒的に気持ちいいのです。

関連ページ

乳首オナニー(チクニー)の重要性とお手軽開発方法
乳首オナニー(チクニー)をして、乳首を開発すると、ドライオーガズムに間違いなく達しやすくなります!誰でもできる簡単でお手軽な開発方法をご紹介。