精神状態・メンタル面について

ドライオーガズムは、女性的な絶頂です。

 

男性的な射精のオーガズムとは、あきらかに違います。

 

男性的なオーガズムが責めのオーガズムとするならば、
ドライオーガズムは女性的なオーガズム。

 

そのため、いわゆるペニスが勃起するような、
男性的な興奮は、あまり必要がないように感じます。

 

前立腺をエネマグラなどでマッサージしているとき、
一般的なアダルト動画を見て、興奮すると、
ペニスの方に意識がいってしまい、むしろ邪魔な興奮をしてしまうのです。

 

僕の場合、ドライオーガズムに向かっているとき、
ペニスはほとんど勃起していません。

 

勃起しているときもありますが、
どちらにしても、ペニスに意識は向いていません。

 

といいますか、感じまくってしまって、
エロいことを考えている暇がないんですね。

 

そこに至るまでのメンタル面のコツとしては、
自分が女になったと思うこと。

 

女性になって、エネマグラに犯されているような
イメージを持った方が、ドライになりやすいです。

 

そのため、性的な興奮を高めるのであれば、
レズものの動画とかの方がいいかもしれません。

 

人によっては、動画は一切見ないで
トランス系の音楽をかけまくる人もいるようです。

 

あと、感じはじめたら、
女性のように「あんあん」と高めの声を上げたほうがいいですね。

 

Mっ気がある男性なら、
声を出すことに抵抗はないかもしれませんが、
男っぽい人は、抵抗があるかもしれませんね。

 

本気でドライを目指すのであれば、恥ずかしがらないこと。

 

ドライオーガズムは女性的な絶頂ですから、
自分も女性的になった方が絶対にいいです。

 

僕はしませんが、女装に抵抗がない人でしたら、
女装をしていもいいかもしれません。

 

また、これも重要ですが、
集中できる環境にすること。

 

声が出せる環境のときにすること。
誰かに見られない環境のときにしてください。

 

何かが気になっていると、間違いなくドライから遠ざかります。

 

集中力、安心感がとても大事なのです。

 

ある程度、開発が進んだら、思い切って、
ラブホテルに行って、思う存分、声を出してみるといいと思います。

 

何かを気にしながらやっているときと、
全く違う感じになりますからね。

関連ページ

ドライオーガズム・準備編
とろけるようなドライオーガズムを取得するためには、まず準備が必要です。どのようなモノを揃える必要があるのか、解説します。
ドライオーガズム・実践編
いよいよドライオーガズムの実践編です。管理人の僕の経験をもとに、ドライオーガズムにたどり着くための方法・やり方を伝授します。
ドライオーガズム・開発編(風俗がおすすめ?)
ドライオーガズムに達するまでには、前立腺マッサージでの開発が必要ですが、長期間の開発が不可欠。そこで、風俗を利用して前立腺をすぐに開発する方法を伝授します!